*。*。かりんひめ*。*。のドッキドキなまいにち♪~

 生後2ヶ月で我が家にやってきた Mダックス **かりん** の予測不能な?日常をご紹介していきます(*^。^*)




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
ラン 胃捻転になる :: 2012/10/03(Wed)

いきなりですが、本題に入ります。

一昨日(10/1)PM6:30ごろ実家の義妹Mちゃんから 
ランの様子がおかしい・・と連絡が入りました。


便が出ないのか、お腹が張ってて 食べること命!!なランが
ご飯を食べない・・と。

弟が一番近い病院へ連れていくも、1時間待ちだから・・と
一度連れて帰った。


母に連絡取ると、仕事帰りだった母が家へ帰ってランの様子を見
口腔内の手術をしてもらったお隣の県の大きな病院へ連れていくとのこと。


ワタシも気になって仕方なかったので、その病院へ駆けつける。


そこには父も姪っ子Rもいた。


口腔内の手術をしてくださった先生にお願いしてると思いきや
受付で言いそびれたらしく、初めての先生に呼ばれる。

ちょっとヤナ予感はしていた。


お腹をさわり、レントゲンを撮るので外で待つよう言われ
待合室で少し待つと呼ばれた。

中へ入ると、レントゲンで撮った画像を見ながら
『胃拡張です』・・と説明を受ける。


とにかくガスが溜まっているので、まずこれを抜かないといけない。

方法は、口から管を入れて胃に通しガスを抜く。

ただ、これが捻転していると通らない・・と。


麻酔をかけてやらないので、ちょっと大変だと思うので
また外でお待ち下さい・・と。


ちょっと時間がかかり、呼ばれたので中へ入ると

『このコ、暴れて発狂してなかなか大変でして
 舌が真っ青になって一度フッと力が抜けたので途中でやめました』・・と。

暴れたので、口の中は切れました。
鼻血も出てます・・と 淡々と説明。


戻ってきたときは元気もあるようだったけど
死んでしまう一歩手前だったみたいで
病院で預かるか、もしくは家へ連れ帰って飲み薬で様子見るか・・と。



薬でもガスが抜ける可能性があるなら、連れて帰ろうか・・と
話し始めていたとき、その先生が呼ばれ席を離れる。

その間ランを抱いてると、血が口から吹き出てくる。


すると、口腔内手術をしてくださった信頼できる先生(以後主治医と書きます)が顔を出し
『この先生のおっしゃる通りですわ。』・・と簡単に説明。
(外の待合室で待っていた時、母が受付の人に
主治医の先生に話しを聞きたい・・と声をかけたみたい)


すると信頼できる主治医、偶然にもこの日当直。
ランが呼ばれて入ったのは夜8時近くだったかな。

夜間診療ではなく通常診療で入ったので
当直だった主治医は 『ごめんなさい、今急患が入ってるもんで』と
急ぎ足で行かれた。

でも、『後は僕が診ますから!』と心強い言葉。


この先生が顔を出して声をかけてくださったことで
母もワタシも安心して預けていこう・・という気持ちになりました。


たまたま診てくださった今回の先生は
言ってることの内容が途中から分からなくなって
ワタシの頭の中は『?』でいっぱい。

だからどうすればいいの?って思ってしまう。


でも主治医は説明がとっても上手で、頭の中にす~っと入ってくるんです。
以前かりんの時にも書いたけど、この先生に任せよう・・と思える

ランの口から出てくる血をティッシュで拭くワタシを見て
この先生が 『血を出させてしまってすみません』と。

涙をこらえるワタシ。


ランを預けて私たちは帰宅。


次の日、病院へ行くと主治医が説明してくれました。

あれから夜の10時頃、胃の中を液で30分くらいかけて
もう一人の先生(その時診てくれた先生)と洗いました・・と。

口も目も動く状態の緩い麻酔をかけて。

捻転してるから・・と主治医が口にした時
『捻転?捻転してたんですか?』と聞き直す。

『捻転してます』と。

夕べの時点でその時に診てくださった先生は
多分捻転はしておらず・・ということだったから
『胃拡張』でネットで調べていて それと同時に『胃捻転』をよく目にしたので
それにも目を通していたけど
まさかランが捻転していたなんて。

命に関わる・・というかこれは時間の問題で
家で様子を見て・・なんてやってたら命落としてました。

主治医も、預かって良かったです。
家に帰してたら命無かったかも・・って。

ただ、まだ危険な状態は続いててあと2日ほどはこちらで預かって
点滴しながら診ていきたい・・と。

でも、預かってる間にも万が一ってことがあるかもしれないことは
ご了承ください・・と。


まだ先日16歳になったばかりで、皆さんにお祝いの言葉をいただいたばかりのラン。

まだねーちゃん、ランにちゃんとお祝いの言葉言ってなかったよ。


絶対元気になった帰って来てよ!!
待ってるからね!!!!!!!!!


胃拡張&胃捻転の注意点など、ワタシが調べて得た事を
次回書こうと思います。


本日も最後までお付き合いくださって ありがとうございました。
スポンサーサイト


テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

  1. 実家のワンコたち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。