*。*。かりんひめ*。*。のドッキドキなまいにち♪~

 生後2ヶ月で我が家にやってきた Mダックス **かりん** の予測不能な?日常をご紹介していきます(*^。^*)




スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
実家のラン 帰宅しました~♪ :: 2012/08/28(Tue)

実家にいる妹分のラン

本日午後、病院から帰宅しました


昨日、お昼ごろから抜歯や歯石除去の手術に入るから
4時くらいに電話ください・・と言われ4時に電話すると

まだ今手術中でして、思った以上にひどい状態で
抜ける歯は抜いていきます。

このままにしていても、また数ヵ月後に抜歯と言うことになりますから・・と。


もう、先生にお任せするしかないのでその旨伝え
お願いしました。



麻酔は安定していますから・・と。

その言葉を聞いて、ホッ


ランの口の中は、『口腔鼻腔ろう管』といって
上顎の口腔内の骨に穴があいて、口と鼻が貫通してしまった状態。

見た目の症状として、とにかくくしゃみが多い。

床に鼻をブヒっと思いっきりぶつけながらするくしゃみ。
これもこの病気の症状のひとつでした。

随分前からしていたひどいくしゃみ。


そして、顔がパンパンに張れる。

目の下に、傷の様なものが現れる。
(これは、今回関連しているかは私は先生に確認していませんが・・)

口の中の骨が溶け、目の下辺りに穴が開くそうです。



歯石がどんどんたまり、歯周ポケットの中まで侵入し
膿ができて大きくなり破裂しバイ菌によって骨が溶ける・・という
(先生の説明をそう解釈したワタクシですが 間違っていたらゴメンなさい)
歯周病を放っておいた為、そこまでひどいことに。


一番問題児だと思われていた上顎第4前臼歯を抜くことが
第一の目的でしたが、
その奥2本も抜けたら抜きたい・・と。

でも、硬かったら麻酔の時間もあることなので
あきらめます・・と。


が、その奥の2本もちょっと触ったらあっさり抜けたとか。


その他、抜ける歯を抜いていただき
歯石取りもできる範囲でしてくださいました。


犬歯も抜いたのですが、大きく穴が開いており
そこを縫って塞いであります・・と。

ネットで調べて、その画像観てます。
観てられないです。



手術が終わって先生から母に連絡が入り
昨日の夕方は両親がお見舞いに。

ワタシも一緒に行って会いたい気持ちでいっぱいでしたが
ワタシはさすがに嫁に出た ダディ家の主婦なので
こっちのお家の事しなきゃいけないしダディのご飯作りもね


ランを手術に連れていくのに午前中はかりんを留守番させていたし
明日のお迎えに行くから今日は我慢しよう・・と。

このもどかしさ、分かってもらえるかな?

でも、やっぱり家の事 やるべきことはちゃんとやってからでないと・・ね。
ダディはこういうときは、行ってきなよ・・とは言ってくれますよ


母からの電話で、顔を見た途端元気に飛び跳ねて
それはそれは元気だったから・・と
最近聞かなかった母の嬉しそうで元気な声。


昨日も書きましたが
15歳の老犬に、何度も 『万が一』 の事を告げられ
母は母でずーーっと悩んでいたみたい。


ワタシはすんなり 『やろう!』 って
先生の説明を聴いて決断したけれど
母がそんなに悩んでいたとは・・。


『ワタシのランでもあるんだよ・・』の言葉に
『そうだったよね~。おねぇちゃんとお金半分ずつ出し合ったよね』

と懐かしそうに嬉しそうに話しだす母。


ま、元々ワタシがMダックス飼う・・と母に持ちかけ
母とワタシで、
室内犬大反対だった父をだましてペットショップへ連れて行き
ダックスの可愛さを間近に見せつけ
好きなようにすれば良い・・と了解を得て
2人でワクワクしながら再度ペットショップへ足を運んで
家族に迎えた我が妹の『ランちゃん』


ランちゃんには私たち家族はホンっトたくさん笑いをもらい
喧嘩しててもランが仲裁に入ってくれ
いつの間にかラン中心の家族になっていました。


今ではヨボヨボ歩いて、耳はすっかり遠くなり
目は白内障が進み
でも、まだまだ自分の力で歩けるし食欲旺盛だし

若いもんには負けてられん!!って元気元気です


先生もね、この歳で元気ですねって

来月には16歳になるラン。

まだまだかわいい笑顔、たくさん見せてね
DCIM0697.jpg

DCIM0698.jpg
8月28日撮影

ランのフサフサ頭がスキ


今日母と迎えに行き、先生から説明を受け
最後 『元気に戻ってきてくれたので良かったです』・・と
ホッと胸をなでおろす先生。

外科が得意分野の先生で、手術を決める前の先生の説明は
不安を感じさせない、この先生なら任せられる・・と
心強い言葉でしたが、やはり先生も随分神経を使われたようでした

先生、ありがとうございました


みなさまも、どうかご家族の歯を大切に。
ニンニンもわんにゃんもね


拍手コメントやメールをくださったお友達
ありがとうございました

皆さまのお言葉、とっても心強かったです


本日も最後までお付き合いくださって ありがとうございました
スポンサーサイト


テーマ:ダックスフント大好き♪ - ジャンル:ペット

  1. 実家のワンコたち
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。