FC2ブログ

 *。*。かりんひめ*。*。のドッキドキなまいにち♪~

 生後2ヶ月で我が家にやってきた Mダックス **かりん** の予測不能な?日常をご紹介していきます(*^。^*)




おばあちゃん・・・。 :: 2009/09/12(Sat)

私のおばあちゃん。
今日はばあちゃんのことについて書かせてください。


今年3月の誕生日、米寿(88歳)を迎えて皆でお祝いをしました。


私が物心ついたときから、おじいちゃん・おばあちゃんと呼べる人は
このおばあちゃん(母方)しかいませんでした。


いつも優しくて、怒られた記憶はほとんど無く

でも、芯はしっかりしていて
人に頼ることが嫌いで
自分でできることは こちらが手を出そうとすると嫌がるほどでした。


私の実家にも、娘である母が招待すると、喜んで泊まりにきていました。

今年の7月の終わりにも泊まりに来たので
その時に合わせて私も実家で泊まり、おばあちゃんと同じ部屋で寝ました。

夜中に数回トイレへ起きるのですが
部屋の出入り口の段差が気になる私はその度に目が覚め、起き上がるのです。

でも、おばあちゃんは迷惑をかけたくない一心で
私に向かって
いいから いいから・・と手で『来るな』と合図してきました。


膝も悪く、歩くのもゆっくりゆっくり
見ているほうはハラハラするのですが
こんなことでさえ頼ろうとはしませんでした。

去年の夏は転んで大怪我をして、
でも、早く自分の足で歩きたいので
辛いリハビリも歯をくいしばってがんばっていたね。

私だったらもう休憩するよ・・って思って見ていたけど
先生が終わり・・と言うまで辞めなかった姿は
おばあちゃんらしいな・・って思ったよ。


私の小さい頃からの好物は、おばあちゃん譲りで あられが大好きなんです。

この時もあられの詰め合わせを 私に・・と自分で選んだのを持ってきてくれました。


そんなおばあちゃんが、先月の半ばに倒れました。

病院へ駆けつけると、口から管を通し、ベッドの周りにはわけの分からない機械がずらり。

命は取り留めましたが、それ以来話をすることはできなくなりました。

もう一度・・もう一度だけおばあちゃんと話しがしたい。

目の前に私がいることに気づいて欲しい。

何度も何度も山を乗り越えてきたおばあちゃんも、
9月10日の夜中 息をひきとりました。

おばあちゃん、がんばったね。
がんばってるのに、がんばれ!がんばれ!なんて言ってごめんね。


いつも優しく接してくれて ありがとう。


最期のお別れ、たくさんの人が来てくれたね。
孫も全員揃ったね。

そして眠ったおばあちゃんの顔、
若返ってとってもキレイで、最高の顔だったよ。

いつもオシャレして、帽子やスカーフでアクセントつけて
お化粧もちゃんとしていたもんね。


考えたくもなかったけど、
危ない・・という連絡の度に覚悟する時間を作ってくれたお陰で

おばあちゃんの生命力を目の当たりにし、
ここでも強いおばあちゃんを見ることができました。


色んなことを教えてくれてありがとう。

大好きだったおばあちゃんへ・・。
P 1000934
9/11 火葬場へ向かうマイクロバスの中より撮影

※本日はコメント欄を閉じさせていただきます。

最後まで読んでくださって ありがとうございました。
スポンサーサイト





テーマ:日記 - ジャンル:その他

  1. 未分類